カラス駆除の前に知っておきたい基礎知識

都心部・市街地に生息するカラスは、主に肉食性・雑食性であり電柱や木々など高所からエサを狙うハシブトカラスと、植物を好み地面を歩いて採食するハシボソカラスの2種類存在します。

ハシブトカラスはカーカーという鳴き声、ハシボソカラスはガーガーと濁った鳴き声で、現在はハシブトカラスの方が数が多いです。

カラス駆除の厄介な点は、まず野生動物であるため自然保護法により守られており、許可なく捕獲したり傷つけたりすることができません。そのため、我々民間人が行う上で最も現実的なカラス駆除方法は「追い払う」しかありません。


また、カラスは鳥類の中でも特に知能が高く、安易な対策・罠を講じてもすぐに見破られてしまいます。カラスの習性を理解した上でカラス駆除に取り組む必要があります。

カラスを追い払うには、よく飛来する場所を「ここは危険な場所だ」と思い込ませる必要があります。



集団で行動して、人が近付いても平気なように見えますが、実は臆病な性格でもあります。

goo ニュース情報があれば全てが解決します。

突然大きな音を出して驚かせたりするだけでも効果があります。
ベランダへの侵入を防ぐにはテグス糸や、防鳥ネットを使用する方法が有効です。

また、光にも弱いため、不要になったCDを吊り下げたり、スプリンクラーを設置するのも良いでしょう。



また、カラスの臆病な面を突く上で、カラスの死骸模型を用いる方法も効果があります。ゴミ収集置き場の対策には、ゴミ袋を変更する、ネットを使用するのが効果的です。


視覚を使ってエサを探すため、透明ではなく半透明、もしくは黒色のゴミ袋を使用すればエサを見つけることができません。


最初のうちは、これまでの習慣で見えなくてもゴミ袋をあさればエサにありつけると認識しているのでしばらく飛来し続けますが、追い払っているうちに次第に諦めます。


根気よく続けましょう。